skip to Main Content

養殖ドクター

お客様の経営改善に貢献することが私たち養殖ドクターの任務です

抗菌剤の適正使用
獣医師や病院スタッフが日常的に魚の病原菌の分離・培養並びに薬剤感受性テストを行い、正しい抗菌剤使用についての指導を行っています。

ワクチンと魚病の予防
ゴトー養殖研究所は、魚病から養殖魚を守るために、毎年1000万尾の養殖魚にワクチン接種を行っています。また、免疫賦活剤を活用して、病気にかかりにくい健康魚を育てるアドバイスにも力を入れています。

講演会活動
養殖業者様を対象に、薬剤耐性対策に関する講演会を1990年から毎年開催し、抗菌剤の正しい投薬方法や、ワクチン接種の重要性の普及啓発に努めています。

(再生時間・1:52) ↑ クリックで動画を再生 ↑

 鹿児島県錦江湾 養殖カンパチのワクチン接種作業動画です。
5月から6月にかけて1日に最大10万~15万尾のブリ・カンパチの稚魚に接種します。
ワクチン接種はAMR対策に最も有効な方法です。

(再生時間・8:10) ↑ クリックで動画を再生 ↑

 養殖現場で、突然水産用医薬品が効かなくなったら大変ですね!
薬剤耐性(AMR)については「農水省AMR対策動画ページ」にわかりやすく説明されていますので、ご覧ください。

薬剤耐性(AMR)に対するゴトー養殖研究所の取り組み

病原菌に対する薬剤感受性テスト

薬剤感受性試験

 養殖魚専門動物病院において、薬剤感受性テストを行っています。本社研究所の研究員が魚病細菌培養用の培地やディスクを作製し、現場の診療業務をサポートしています。

養殖業者様を対象とした講演会の開催

漁協での抗菌剤使用に関する勉強会

 養殖業者様を対象に、「正しい抗菌剤の使用方法/薬剤耐性対策について」などをテーマにした講演会を毎年開催しています。

産学連携での水産獣医師養成の講義

水産獣医師育成のための産学連携

鹿児島大学共同獣医学部 授業(2019年7月18日)

 鈴木陽介獣医(非常勤講師)、小野君明取締役(客員教授)が講義を行いました。
2017年から産学連携で水産獣医師養成を目的とした授業を続けています。

水産獣医師養成の実習

鹿児島大学獣医学部、垂水市漁協実習

垂水市漁協での実習風景
(第一回・2017年8月22日)

 鹿児島大学共同獣医学部の授業の一環として、水産獣医師育成のための現場実習を漁協の協力のもと毎年開催をしています(2017年8月22日、2018年9月2日、2019年9月13日開催予定)。

研究開発

研究開発・創薬
抗菌剤の海洋流出抑制と使用量削減を目指し、強力な展着効果を有する炭素粉末抗菌剤を開発しています。

EP飼料用の炭素粉末抗菌剤の開発

(再生時間・0:30) ↑ クリックで動画を再生 ↑

(左)炭素粉末抗菌剤 (右)従来型展着剤

 海水中にEP飼料を投入後、30秒間抗菌剤の流出実験を行いました。その結果、炭素粉末抗菌剤は従来型展着剤と比較して、抗菌剤の海洋流出量をMAX1/5に減らすことがわかりました。

弊社発明品 炭素粉末を活用した「P10ペレット」がテレビニュースで報道されました

(再生時間・11:35)

カンパチ養殖では、寄生虫ハダムシを駆除するため、「過酸化水素水薬浴」という重労働作業がありました。
P10ペレットは“ハダムシ駆除”“重労働”の問題を同時に解決した画期的な製品です。特許技術により嗜好性の良い駆虫剤プラジクアンテルペレットが世界で初めて完成しました。

情報提供

業界最新情報をどこよりも速くお届けします

国際協力
薬剤耐性対策の先進国であるノルウェーから講師を招き、講演会を開催するとともに、現地での視察研修を行い、ノルウェーの進んだ技術を学んでいます。

私たちは、業界最新情報をどこよりも速くお届けすることに努力しています。
日本全国・世界各地に足を運び、常に最先端の情報収集と技術開発に挑戦しています。
お客様の利益に貢献する商品・設備・情報を、どこよりも速くお届けします。

世界中の養殖業者様とのネットワーク

コンサルティング

養魚用飼料の研究開発および技術提供

当社の営業マンは毎日養殖現場を訪問し、養殖ドクター・養殖経営コンサルタントとして、お客様の利益に貢献する最適飼料のご紹介を行っています。

養魚用サプリメントの技術指導

病気にかかりにくい健康な魚を育てるため、独自のサプリメントを開発・製造しています。

また、お客様の健康な魚づくりに貢献するために、各養殖場に適合した丁寧なコンサルティングを行っています。

養殖魚を日本全国へ販売するお手伝いに力を入れています

ハマチ・カンパチ・マダイなどの養殖魚を、日本全国へ販売することに努力しています。
2000年(平成12年)には、水産加工場(株)鹿屋フィーレ設立に協力し、養殖業者の利益向上に大きな貢献をしています。

養殖魚のブランド化を推進
(写真:鹿屋フィーレ 工場)

TBSテレビ特集番組『未来へのおくりもの』でゴトー養殖研究所が紹介されました

(再生時間・26:35)

成長を続けるユニークな優良企業として、元気に活躍する「養殖ドクター」「養殖経営コンサルタント」の様子が30分特集番組になりました。
安全でおいしい養殖魚の生産に貢献するゴトー養殖研究所を紹介したドキュメンタリー番組です。

「国産養殖魚は安全で美味しい」をPR

シーフードショー出展
(テーマ:天然を超えた日本の養殖魚)

当社はジャパン・シーフードショー等展示会に出展し、国産養殖魚の安全性と優れた品質をPRし、養殖魚の需要拡大に努めています。

Back To Top