skip to Main Content

社長挨拶

【経営理念/世界の先駆者を目指して】

“お客様第一主義”と“変化を先取りする経営”:それが創業以来89年間成長し続ける我が社の経営理念です。

企業を取り巻く社会・経済は今、世界的レベルで急速に変化しています。私たちはこの様な環境の中で、常に変化の先頭に立つ企業であり続けなければならないと考えています。
どの様に世界が変化しても、社会やお客様から必要とされる企業は必ず繁栄してゆきます。
私たちは“お客様第一主義”の考え方に基づいて、常にグローバルな視野で考え新しい付加価値を創造し続ける企業集団を目標に前進してゆく決意です。

変化を先取りして日本の養殖の未来を切り開くゴトー養殖研究所の企業グループに、どうぞご期待ください。

株式会社 ゴトー養殖研究所
代表取締役 社長 後藤 清

経営理念

<<変わらない心>>

89年の歴史を振り返って見ると、業態が大きく変化する中で、創業以来変わらない理念があります。
それは、お客様第一主義です。その変わらない心は、経営理念【七つの誓い】として、代々受け継がれてきました。

会社概要

社名株式会社 ゴトー養殖研究所
設立1990年(平成2年)3月
本社所在地〒350-1305
埼玉県狭山市入間川3-1-4
狭山フロント さくら坂ビル4階
代表電話番号
・FAX
Tel 04-2955-0555
Fax 04-2952-0027
代表者代表取締役社長 後藤 清
資本金50,000,000円
売上高53.8億円 ( 2022年4月 )
社員数40名(グループ68名)
取引銀行三井住友銀行 所沢支店
三菱東京UFJ銀行 所沢支店
日本政策金融公庫 東京支店
グループ会社株式会社トーヨー技術研究所/水産用医薬品製造業
株式会社鹿屋フィーレ/養殖魚加工販売
事業内容・養殖魚専門動物病院
・養殖経営コンサルタント
・水産用医薬品、ワクチン、飼料添加物、免疫賦活剤、ビタミン剤、養魚飼料等の研究および製造販売
・社有不動産管理

ゴトーグループ 創業80年のあゆみ

(再生時間・7:56)

ゴトーグループ 創業80年のあゆみ

1931年(89年前) 後藤商店 創業
1977年(43年前) 株式会社ゴトー友禅糊 設立
1990年(30年前) 株式会社ゴトー養殖研究所 誕生
1994年(26年前) 株式会社トーヨー技術研究所 誕生
当社のルーツ 染色糊メーカーから水産養殖業界へ参入し、現在の企業形態に至った歴史が8分間の動画でご理解いただけます。

売上の推移

日本の成長・優良企業として『会社四季報 未上場会社版/2023年版』に掲載されました

会社四季報 未上場会社版 2023年版

日本を代表する有力な未上場企業の情報が満載の本誌にゴトー養殖研究所が掲載されています。
(画像クリックで掲載データを閲覧いただけます)

東洋経済新報社・刊

事業所のご案内

本社

〒350-1305
埼玉県狭山市入間川3-1-4
狭山フロント さくら坂ビル4階
TEL:04-2955-0555

中央研究所

〒350-1332
埼玉県狭山市下奥富883

工場(株式会社トーヨー技術研究所)

<入間川工場>

〒357-1305
埼玉県狭山市入間川3175-9

<新狭山工場>

〒350-1332
埼玉県狭山市下奥富558-10

営業所

<垂水営業所>
〒891-2104
鹿児島県垂水市田神48
TEL:0994-32-1000

<東町営業所>
〒899-1403
鹿児島県出水郡長島町諸浦907-47
TEL:0996-86-0364

<天草営業所>
〒863-0021
熊本県天草市港町3-1
TEL:0969-24-3522

<蒲江営業所>
〒876-2201
大分県佐伯市蒲江大字畑野浦26-3
TEL:0972-45-5810

アセンド神田ビル

(社有不動産)

アセンド神田ビル ゴトー養殖研究所

所在地
東京都千代田区神田富山町10-2

交通
JR神田駅 東口(中央通り方面口)
徒歩4分
東京メトロ銀座線神田駅 3番出口
徒歩3分
都営新宿線岩本町駅 A1出口
徒歩3分

構造・規模
鉄骨鉄筋コンクリート造
地上7階/地下1階

敷地面積
181坪  (600 m2)
延床面積 1,230坪  (4,060 m2)

経営スタッフ

役員紹介

 

代表取締役社長後藤 清
取締役 副社長鴻野 恵
専務取締役出水 芳郎
常務取締役裏南 賢太
取締役後藤 美智子
取締役後藤 由香理
取締役越塩 俊介(鹿児島大学名誉教授)
相談役本川 一善(農水省農林水産技術会議会長)
名誉研究所長中西 照幸(元日本比較免疫学会会長)

2024年5月1日付

取締役・技術顧問  越塩俊介

(国立大学法人鹿児島大学名誉教授)

国立大学法人鹿児島大学名誉教授、大連海洋大学名誉教授、元鹿児島大学理事、元鹿児島大学水産学部長
2023年〜 ゴトー養殖研究所 技術顧問に就任

【経歴】

東京水産大学水産学部卒業後、同大学院水産学研究科修士課程修了後、カナダ国ダルハウジー大学大学院にてPhD取得。
鹿児島大学水産学部助手に就任後、助教授、教授を経て、同学部長及び同大学理事を務めた。
これまでに、日本水産学会評議員、同学会理事、同学会シンポジウム企画委員会委員長、同学会九州支部長、日本水産増殖学会評議員、文部科学省(科学研究費補助金の審査員等を含む)、農林水産省及び国際協力機構の各種委員を歴任。
平成23年中国大連海洋大学名誉教授、平成24年日本水産学会論文賞、平成31年鹿児島大学名誉教授。

専門分野は水棲動物栄養学、養魚飼料学、栄養生理学で250編以上の論文を発表しており、Aquaculture, Aquaculture Nutrition, Aquaculture Research, Fisheries Science, Fishes, Animals, J of World Aquaculture Societyなどの査読付き国際学術研究誌の編集委員及び査読委員も歴任。
その他共同著者として専門分野に関する8冊の学術著書を発表している。

相談役  本川一善

(元農林水産事務次官)

2023年~ ゴトー養殖研究所 相談役に就任

【経歴】

東京大学法学部卒業後、農林水産省入省

水産並びに畜産行政の主要ポストを歴任し、農林水産省生産局長、官房長、
水産庁長官、農林水産事務次官を務めた。

退官後、全国農業協同組合連合会経営管理委員、日本中央競馬会副理事長などを務め、現在農林水産技術会議会長。

名誉研究所長 中西照幸

(元日本大学生物資源科学部獣医学科教授)

2024年〜  ゴトー養殖研究所・名誉研究所長に就任

【経歴】
北海道大学理学部卒業後、同大学院水産学研究科博士課程単位修得後退学、同大にて水産学博士取得。水産庁養殖研究所病理部免疫研究室長を経て、日本大学生物資源科学部獣医学科教授、獣医学専攻主任、動物医科学研究センター長などを務めた。

これまでに、日本魚病学会評議員・編集委員、日本獣医学会評議員、農林水産省、厚生労働省、文部科学省の各種委員や審査員を歴任。現在、日本比較免疫学会会長。平成4年日本水産学会賞(奨励賞)、平成18年日本比較免疫学会賞、平成29年日本魚病学会賞受賞。

専門は魚類免疫学で、Fish & Shellfish Immunology, Veterinary Immunology & Immunopathology、Developmental Comparative Immunology, Frontiers Immunologyなどの国際雑誌の編集委員として活躍している。
The Fish Immune System (Academic Press)、水産用ワクチンハンドブック(厚生社恒星閣)などの著書がある。

名誉研究所長 中西照幸

(元日本大学生物資源科学部獣医学科教授)

2024年〜  ゴトー養殖研究所・名誉研究所長に就任

【経歴】
北海道大学理学部卒業後、同大学院水産学研究科博士課程単位修得後退学、同大にて水産学博士取得。水産庁養殖研究所病理部免疫研究室長を経て、日本大学生物資源科学部獣医学科教授、獣医学専攻主任、動物医科学研究センター長などを務めた。

これまでに、日本魚病学会評議員・編集委員、日本獣医学会評議員、農林水産省、厚生労働省、文部科学省の各種委員や審査員を歴任。現在、日本比較免疫学会会長。平成4年日本水産学会賞(奨励賞)、平成18年日本比較免疫学会賞、平成29年日本魚病学会賞受賞。

専門は魚類免疫学で、Fish & Shellfish Immunology, Veterinary Immunology & Immunopathology、Developmental Comparative Immunology, Frontiers Immunologyなどの国際雑誌の編集委員として活躍している。
The Fish Immune System (Academic Press)、水産用ワクチンハンドブック(厚生社恒星閣)などの著書がある。

ゴトー養殖研究所を育てて頂いた恩人

ゴトー養殖研究所は、世界的な権威の先生方にご指導を頂きました。
その研究分野は、魚病学・獣医学・飼料栄養学・免疫学・ワクチンなど多方面に広がっています。
多くの方のご協力で、今日のゴトー養殖研究所グループがあります。

Back To Top