skip to Main Content

取締役 副社長・中西 照幸

(研究開発担当 元日本大学生物資源科学部獣医学科教授)

【我が国の養殖の現状】

私は学生時代より長い間日本の水産業は質と量において世界のトップだと考えていました。ところが、20年前にノルウェーの養殖事情を視察した際に大変なショックを受けました。

例えば、私の専門の魚類ワクチンの分野についてみれば、ノルウェーにおいては1993年以降アジュバントワクチンの登場により抗菌性薬剤の使用が激減しています。一方、我が国では治療から予防への転換はノルウェーに比べ10年以上遅れ、2005年頃よりやっとワクチンが抗菌剤の販売額を上回るようになりました。しかし、多魚種少量生産という我が国の養殖業の特性などにより、予防に主眼を置いた魚類の防疫対策においてはまだ多くの課題を抱えています。

【世界の潮流】

昨年秋にノルウェーを訪問した際には、給餌、活魚の移動、死魚の取り上げ、ワクチン接種、養殖漁場の監視・観察における機械化・自動化とITの活用など養殖技術の高度化がさらに進んでいることに驚きました。右の写真はノルウェーの養殖企業の事務所で海上イケスの中のサケの行動を観察している様子です。

我が国とノルウェーでは地理的・社会的な状況が異なり単純な比較はできませんが、魚類養殖における生産量が世界の動きとは裏腹に最近の20年間ほぼ横ばいの状態が続いている背景には旧態依然の養殖技術・形態が潜んでいるように思います。

ノルウェー視察

【現場に役立つ仕事】

私は漁民のための研究者になると宣言し理学部から水産学部の大学院に進学したわけですが、研究所や大学では専ら基礎研究に没頭してきました。

今後はこれまでの反省も込めて、現場の状況を学びながら養殖業者の皆さんの要望に沿った研究開発・サービスを心がけ、社員の皆様とともに環境に配慮し持続可能な養殖を目指していきたいと考えています。

養殖技術指導員・山下 照之

(垂水営業所 所長代理、東海大学大学院海洋学研究科 修了)

【私がこの会社を選んだ理由】

私が当社を選んだ決め手は、大学院で研究した専門知識を、養殖現場で活かしたいと思ったためです。もう一つの理由は、海と魚が大好きなことでした。

【入社して感じたこと】

途中入社だったので、最初はちょっと心配しましたが、先輩が親切に指導してくれましたので、直ぐに馴染むことができました。

チームワークが良く社員を大切にする社風なので、仕事が楽しく、この会社を選んで本当に良かったと思っています。待遇と職場環境にも満足しています。

【養殖コンサルタントとして働き甲斐のある職場】

今の仕事は、養殖業者を訪問して、魚の健康チェック・飼料・医薬品など養殖管理のアドバイスをしています。 担当する養殖業者の社長様から頼りにされ、毎日が充実し、働き甲斐を感じています。

当社は、毎年大きく変化し成長している会社ですが、その一員として自分が支えているという誇りを持って働いています。

カンパチ稚魚のワクチン接種の指導

企画開発事業部・中路 貴大

(企画開発事業部・スーパーバイザーチーム 課長 近畿大学水産学科 卒業)

【私がこの会社を選んだ理由】

大学で学んだ養殖に関わる仕事がしたいと思い、就職活動をしました。その中には「食品メーカー」や「飼料メーカー」など様々ありましたが、私の希望するイメージとは少し違うと感じていました。

そんな中で当社のインターンシップに参加し、先輩社員の方々が「養殖コンサルタント」としてお客様をサポートする様子を間近で見て、自分も挑戦したいと思いました。

大手企業からの内定もありましたが、社員の皆さんが情熱とやりがいを持って働いている姿に感銘を受け、当社に決めました。

【入社して感じたこと】

養殖業界の最前線で仕事ができ、大学での研究を存分に生かせると思いました。

養殖業者様の魚をサポートする仕事は責任もありますが、それ以上にやりがいがあります。

魚病や飼料など勉強することが多く、奥が深い仕事だと感じています。

【水産でチャレンジできる数少ない会社】

入社後3年間、鹿児島県の営業所で養殖コンサルタントとして働きましたが、現場でお客様の声を直接聞くことで、「困っていること」が良く見えてきました。

お客様のニーズによりよく応えるべく、現在、埼玉県の本社で研究開発のプロジェクトリーダーとして、画期的な新製品の開発に取り組んでいます。

仕事内容は幅広く、語学力も発揮でき、充実した日々を送っています。入社前に挑戦させてもらった海外遊学の経験や、中国・海南島での研修も役立っています。

色々なことにチャレンジさせてもらえる当社に入社して本当に良かったです。

新製品の臨床試験

獣医師・鈴木 陽介

(天草営業所・養殖ドクター 岐阜大学獣医学科卒業)

【私がこの会社を選んだ理由】

私は、海と魚が大好きなので、養殖の世界で獣医師として役に立ちたいと考えていました。

養殖の現場に近い“養殖ドクター”という仕事にひかれて応募し、インターンシップに参加させていただきました。
九州の営業所を訪問し、いきいきと働く“養殖ドクター”の仕事ぶりを見て、「この仕事だ!」と感じて入社を決めました。

【入社して感じたこと】

獣医師国家試験の3月発表を配慮していただき、海外遊学(4〜5月)を体験した後の5月16日に入社しました。

現在は、養殖業者から必要とされる獣医師の仕事に日々やりがいを持って働いています。
また、学会やセミナーにも参加させてもらえるので、成長できる環境が整っており、入社してよかったと実感しています。

私生活面では、単身赴任者が一人もいない先輩方を見て、社員の家庭も大切にしてくれる経営姿勢に大企業との違いを感じています。

やりたい仕事を思い切りさせてもらえる雰囲気が入社前に感じた通りで大好きです。

薬剤師・亀井 和子

【アットホームで、女性が働きやすい職場】

私は、薬剤師として重要な医薬品製造の仕事に従事しています。自分の資格が活かせる仕事に、毎日がとても楽しく充実感を感じています。

毎月行っている「女性食事会」も、嬉しく楽しい集いになっています。親切な仲間がいること、また女性が働き易い職場であり、毎日が充実しています。

募集要項・採用エントリー

募集要項・採用エントリーフォームは以下のボタンをクリックしてご覧ください。

Back To Top