skip to Main Content

社長 後藤清のプロフィール

後藤 清(ごとう きよし)

1949年12月16日生(69才)
埼玉県狭山市出身
中央大学商学部卒業

《心に残る本》
 『生き方』 著者 稲盛和夫
《尊敬する人》
 坂本龍馬 =大きな夢、利他の心、常に前向き人生
《趣味》
 発明、山歩き、海外旅行、ジョギングなど
小江戸川越マラソン10㎞走に61才で初挑戦し、8年連続出場中

学生時代~海外遊学時代

中央大学付属高等学校時代
(16~18才)

人前で話すのが苦手だったため、克服したいと考えて落語部に入部しました。やればできる自分に少し自信がつきました。

中央大学付属高等学校時代
(16~18才)

人前で話すのが苦手だったため、克服したいと考えて落語部に入部しました。やればできる自分に少し自信がつきました。

中央大学商学部時代
(19~22才)

 ひ弱な自分を変えたいと思い体育会系のワンダーフォーゲル部に入部しました。シルクロードに憧れて、アフガニスタンへの海外遠征隊をリーダーとして主宰しました。資金不足、赤石岳遭難死亡事故、OB会の反対など数々の逆境と挫折を乗り越えて夢を実現させました。志と努力で世の中は動くことを学びました。

中央大学商学部時代
(19~22才)

ひ弱な自分を変えたいと思い体育会系のワンダーフォーゲル部に入部しました。シルクロードに憧れて、アフガニスタンへの海外遠征隊をリーダーとして主宰しました。資金不足、赤石岳遭難死亡事故、OB会の反対など数々の逆境と挫折を乗り越えて夢を実現させました。志と努力で世の中は動くことを学びました。

放浪と海外遊学時代
(22~25才)

思い通りいかない青春の心の傷を癒すために、3年間に渡り日本と世界各地の一人旅を続けました。放浪の旅に出て、世界の歴史、文化、自然、考え方の違いなどについて、さまざまなことを体験から学びました。
体験するすべてが、自分の想像をはるかに越える世界でした。これらの貴重な海外遊学経験は、その後の私の生き方に大きな影響を与え続けています。

ヒマラヤ山中にて(24才)

インド無銭旅行(25才)

職歴

1975年
(25才)
帰国後は、心機一転して父親が経営する後藤商店(染色糊製造業、年商3千万円、従業員3人)へ後継者として入社しました。2トントラックの運転手として糊の配達を担当しました。営業開拓をして成長させる経営の面白さを覚えました。
1977年
(27才)
自宅裏に小さな研究室を新築して、新しい染色糊の研究開発に熱中しました。お客様から教えて頂き、新製品が次から次へと生まれて売上利益が毎年増加しました。研究開発の面白さを初めて学びました。
1980年
(30才)
染色糊業界が衰退する中で、高付加価値の染色用薬剤・化学糊に研究分野を拡げました。自分で開発したオリジナル化学糊を自らセールスエンジニアとなって国内外へ新規販路開拓しました。海外遊学の経験が大いに役立ちました。(年商2億5千万円に成長)
1986年
(36才)
繊維業界が毎年大きく減少する中で、養魚飼料用糊剤「MPバインダー」を開発し、異業種である水産養殖業界へ初参入しました。更に大学教授の協力を得てビタミン剤を開発して、養殖部門の売上が飛躍的に増加しました。
1988年
(38才)
狭山青年会議所 の8代目理事長に就任しました。青年経営者100人の指導者として理事長職を経験しました。100人の組織運営の手法とトップリーダーのやるべき役割を学びました。

1990年
(40才)
成長著しい養殖事業部を分社化させて、「株式会社ゴトー養殖研究所」を設立し、社長に就任しました。養殖ドクター・養殖経営コンサルタントとして、業界初のビジネスモデルを確立しました。
1995年
(45才)
社団法人ニュービジネス協議会より、革新的なビジネスモデルと飛躍的な成長が評価され、「アントレプレナー(起業家)大賞」を受賞しました。(年商25億円、従業員25人)
2013年
(63才)
優良ベンチャー企業を紹介するBS-TBSテレビドキュメンタリー番組『未来へのおくりもの』で、「養殖業界に革新をもたらしたゴトー養殖研究所」として全国放映されました。

役職

株式会社ゴトー養殖研究所/代表取締役 社長
 (売上高 60億円/2019年4月)
会社案内 →事業内容
株式会社トーヨー技術研究所/代表取締役 社長
 (売上高 7億円/2019年4月)
幸福貿易株式会社/代表取締役 社長
 (売上高 20億円/2019年6月)

公職:
社団法人狭山青年会議所 / 1988年度 理事長
狭山市事業所防犯協議会 / 会長2007年~2019年
 https://sayama.jp/~bouhan/
狭山商工会議所 / 副会頭2013年~
 https://www.sayama-cci.or.jp/

Back To Top