skip to Main Content

2023年4月入社予定の弊社新入社員2名が約1か月間の海外遊学に向けて準備を進めています。

海外遊学支援制度とは、「世界的視野を持って、積極性と行動力を身につけた人財に育ってほしい」との願いから生まれたユニークな研修制度です。

2023年度の海外遊学では、2名の新入社員がそれぞれヨーロッパ各国をめぐり、最終週にノルウェーで合流し養殖の本場で養殖・漁業の最先端技術を学びます。

自分で計画し海外遊学を進める中で、大きな収穫が得られることを期待しております。

(画像クリックで拡大)

【Aさんより】

1ヶ月間のヨーロッパ周遊、限られた時間の中でロス無く周りつつ、経験を最大限自分の身にできるように準備を進めています。

ヨーロッパ各所にて異文化を存分に体感し視野を広げ、最後に向かうノルウェーでは最先端の養殖技術を視察し、日本の養殖業発展に貢献できるようになりたいです。

(画像クリックで拡大)

【Bさんより】

幼少期のころからあこがれていたヨーロッパ各国の歴史やカルチャーを直接体験することによって、自らの知見を広げ、多角的な視点を獲得したいと思っています。

また、海外最先端の養殖技術を視察する機会もいただいたので、入社後にいかに自分が獣医師として日本の養殖業界に貢献できるのかというイメージを掴み、最先端の技術や知識を吸収したいと思います。

弊社ホームページ・採用情報「海外遊学支援制度について」も併せてご覧ください。

Back To Top